2011年10月19日

追記サイガ12K

アカデミー製エアコキAKS74Uを改造した
サイガ12K半自動散弾銃です。
例によって対向した二本のスプリングの
強弱を利用した擬似BLKで、
12ゲージの空薬莢を3m程度弾き出す機能が
あります。
今は故あって手元に残していませんが、
なんとかこの一枚の画像のみ残っていたようです。
ところでサイガ(saiga)とはロシア南部カザフスタン
付近に生息する牛の仲間が由来です。
別名「オオハナレイヨウ」といいまして、
やたらと鼻のデカい不細工な生き物です。
ちなみにモロト社の同系ショットガン「VEPR(ヴェープル)は
「イノシシ」を意味しますが、どちらも銃の外観と
妙にマッチしている気がして彼の国のセンスを
感じますね。







同じカテゴリー(擬似BLK)の記事画像
ヴィントレス追記
ドラグノフ、ブローバック!?
APS水中突撃銃
続KAC PDW
ナイツPDWの奇妙な改造?
ヴィントレス
同じカテゴリー(擬似BLK)の記事
 ヴィントレス追記 (2011-10-27 21:04)
 ドラグノフ、ブローバック!? (2011-10-22 22:36)
 APS水中突撃銃 (2011-10-22 19:47)
 続KAC PDW (2011-10-21 23:12)
 ナイツPDWライブカート!? (2011-10-20 23:13)
 ナイツPDWの奇妙な改造? (2011-10-19 21:18)

Posted by しましま工房  at 23:28 │Comments(2)擬似BLK

この記事へのコメント
いやはや 凄い!としか言いようがありません^^;)。
擬似ブローバックの機構、どうなってるのかが
気になります。

Saigaは.410と20番が日本でも売られてるようなので、
あんがい日本人にも馴染みのある鉄砲なんですね。
Posted by 鍛冶屋 at 2011年10月20日 12:01
毎度です!
mixiとちがい、まだなかなかコメントが来ないんですが、代わりにアクセス数が桁違いに多いんですね、
ここ^^;
なかなかまだ雰囲気が掴めませんが、こうやってコメント頂けると
ほんと心強いです。
ところで擬似の構造は実は
物凄くシンプルなものです。
そのうち記事にしますから参照してください!
頑丈で確実な動作が利点で、
なおかつ外部に露出したボルトも
ほぼフルストロークで動かせる事ですが、欠点はやはり単発…って
とこが問題です。

当初は国内に流通している410番を作ろうと考えてました。
ただ手持ちに12の空がたくさん
あったために安直ですが12kを
選択しただけなんですね^^;
空シェルの軽さを考えると、
410番の方が余計に1mは飛距離を
稼げていたかもしれませんが、
これもまあ、今から思うと…って
話ですけどね(笑)
Posted by しましま工房しましま工房 at 2011年10月20日 12:50
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。