2011年10月28日

CAWM1849

今回はCAWの超優良モデルガン、COLT M1849ポケットを御紹介です。これは同社が展開するオールドウエスト系リヴォルバのうちの一挺かつ、事実上の最新作です。先般、ベビードラグーンがラインアップに加わりましたがこれはあくまでもM1849ポケットのバリエーションの一種(少し違うけど)なのでコッチに置いておきます。僕はこのM1849を同社直販の予約で購入しました。箱を開けた瞬間、思わず息を呑む・・とは聞き飽きたフレーズですが、これはそんなベタな状況をガチで体験できる素晴らしい出来栄えでした。まずはその「小ささ」をご覧下さい。


比較しているのはS&WのM60(チーフススペシャル)。
ハンマーを起こすと無茶苦茶タイトな作動感に二度ビックリさせられます。

小さいくせに物凄く本体の重量が重いのは主素材がHW樹脂であることに加えてスキマと言うスキマにオモリがビッシリと詰め込んであるせいです。で、トリガーを引くと・・・

「カキンっ」と何とも硬質な音とともにハンマーが落ちます。知らないヒトがこの一連の動作を実際に行えば、間違いなく金属製ボディだと思うはずです。通常分解も実に簡単。

薬莢が飛ぶわけでも発火できるわけでも(発火モデル自体は発売されています)、まして「タマ」が飛ぶわけでもありませんが、日常、何気なく弄ってその重さや作動感を愉しむのもまた、紳士?のたしなみってヤツかもしれません。
いや別に紳士じゃありませんが(汗)。
明日からちょっと本業で忙しいので次回更新は週明けになります。
ではみなさん、よい週末をお過ごしくださいね!







Posted by しましま工房  at 22:05 │Comments(2)モデルガン ダミーカート仕様

この記事へのコメント
あれ? しましまさんにしては珍しい選定ですね。
自分は古式銃が大好きです!。
Posted by 鍛冶屋 at 2011年10月28日 22:39
今回は抽出…ってタイトルに偽り有り!?でしたね(^^;;
古式銃に関して全然明るくないんですが、なんと云うか今のものとは似て異なる機械とでもいいますか、如何にも異質な佇まいに、独特の美を感じるんですよね。
Posted by しましま at 2011年10月29日 07:35
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。