2011年10月24日

MP5小ネタ集

MP5という銃ほど、
両極端な二面性を持つものは無いのでは
ないか・・と思うんですね。
例えばM4だと米軍やPMC・・
つまり「(先進国の)兵士」というイメージですし、
AKだと悪党とまでは言いませんが
ちょっと治安の悪そうな雰囲気が
・って、あくまでもこれらは
メディアによる勝手なイメージばかりなのは
承知ですが、
いずれにせよ「どっちか」に偏るものだと思うんです。
乱暴に言ってしまえば、
「イイモン」か「ワルモン」かって感じですね。




MP5は現在でもG3をライセンス生産していた
トルコやパキスタンなどの国々によって大量に作られ、
かなりの数の同系機が世界中に存在しています。
こういった点はAKに通じるものがありますが、
決定的に違うのはメインのユーザーが公務員・・
ということです。
これはライセンス元のH&K社の管理が行き届いて
いるということかもしれませんね。
要するに僕のイメージではMP5とは、
「準世界標準の公用小火器」なんですね。
しかしまた一方で。
MP5とは「悪者から奪って使う武器」という
ほとんど言い掛かりのようなイメージも根深く存在します?
倒した悪党からMP5をパクった挙句、
その死体に
「マシンガンは頂いたHOHOHO・・」
なんて書いたり・・すいません、忘れてください(汗)。
でもこんなイメージ、皆さんもありませんか?
え、ない?いやいや、そんなことは有りますまいご同輩?
つまり「イイモン」も「ワルモン」もサマになる
貴重なガンだって言いたいんですね。

本日の工作(プチ)。
VFCマガジンの側を流用し、
フォロアとベースを自作した可動マガジン。
なんとバナナのくせにちゃんと9mmリアルCPが
普通にフル装填でき、引っかかりもありません。
(画像はダミー弾を装填しています)
そのうちマルゼンクルツでもベースにして
モデルガン化してみますかね!?








同じカテゴリー(VFC MP5 GBB)の記事画像
VFC/MP5の鉄シア対策
VFC製MP5、実物ハンドガードのガタ対策
同じカテゴリー(VFC MP5 GBB)の記事
 VFC/MP5の鉄シア対策 (2011-10-26 22:14)
 VFC製MP5、実物ハンドガードのガタ対策 (2011-10-23 20:20)

Posted by しましま工房  at 20:13 │Comments(0)VFC MP5 GBB

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。