2011年10月18日

GLOCK26発火モデルガン

基本モデルガン好きなんですが、
薬莢弾くものなら何でも可という
ちょっと残念な性癖の持ち主です。
今回は第一回ということもあり、
一体ど~ゆう書き出しで始めればイイのか
大変迷ったんですが、まずは挨拶代わりのGLOCK26発火モデルガンです
KSC製グロック26(エアソフトガン)+タナカグロック17(モデルガン)をコンバートしたもの。
固定バレル化し、CPカート(マルベリ9mmリアル)で発火させます。
本来再現されていないGLOCKオーナメントは別個体から
切り出して移植しています。


 
http://www.youtube.com/watch?v=QKPfu5Xer_4

なんでショートリコイルを殺してバレルを固定化するかと
言いますと、コワれるんですね・・ノーマルだと・・。
この手のオートはスライド閉鎖時にチャンバ内に装填されたカートリムに
ブリーチ面が衝突する際、バレルロックを支点として強烈な
てこの原理が生じます。
結果、バレル基部/スライド破損となる訳ですが、
固定バレル化によってこの症状を駆逐できるのです。
こういった症状はタナカ三兄弟・・グロック、SIG、USPに
特有のトラブルですが、もしかしたら現行のEVOでは改善されて
いるのかもしれません。
(バレル素材がABSからナイロン系に変更になっているため)
一応SIG226用とGLOCK用の純正EVOバレルの二種を
購入していますので、そのうと耐久テストを実施してみたいと
思っています。







同じカテゴリー(モデルガン 発火)の記事画像
94式発火!
グロックコンバート
89式発火モデルガン
同じカテゴリー(モデルガン 発火)の記事
 94式発火! (2011-10-27 20:18)
 グロックコンバート (2011-10-26 20:42)
 89式発火モデルガン (2011-10-25 22:39)

Posted by しましま工房  at 22:06 │Comments(0)モデルガン 発火

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。